1月の登別の気温は?おすすめの服装は?

新年を迎えたばかりの1月は全国的に気温が低いです。

その中でも北海道は特に気温が低くなっており、寒さが厳しい日が続きます。

ただ、寒さや雪は観光するうえでは魅力的なので、冬を存分に味わいたい人にとって1月の北海道は魅力的です。

今回は1月の北海道や登別の気温やおすすめの服装について、胆振地方に住んでいる管理人が旅行したい方、暮らしたい方に解説します。

スポンサーリンク

1月の北海道について

1月の北海道は冬本番ということで非常に寒くなっています。日本で一番寒い地域なので当たり前ですが、本当に寒いです。

最高気温が氷点下という日も珍しくなく、気温の上がらない日が多くなります。

ただ、北海道でも訪れる地域によって気温や降雪量に差はあるのは事実です。

たとえば、札幌や旭川など道央、釧路や網走などの道東は気温はかなり低くなります。最低気温が-10℃や-15℃になることもあるので北海道の中でも屈指の寒さを体験できるエリアです。

一方で室蘭や登別、函館など道南は道央や道東に比べると、気温と降雪量は若干軽くなっています。そのため、道南の胆振地方で生活している管理人でも、テレビの天気予報で旭川や網走の気温や降雪量を見ると「生活するのが大変そう・・・」と思ってしまいます。

ですが、旅行で訪れるなら強烈な寒さやたくさんの雪を体験できるので魅力的ではないでしょうか。

1月の登別の気温は?おすすめの服装は?

道央や道北よりも若干暖かく、雪が少ない道南胆振地方の登別も1月は冬なので寒いですし、雪は多いです。

年末年始は雪が結構降り積もっている印象はありますが、すごい寒いという感じではないです。といっても冬なので1月の中旬や下旬は最高気温が0℃や氷点下という日はあります。

気温や降雪量は年によって違いはあるので、登別へ訪れる場合はテレビやネットで天気予報をチェックすることをおすすめします。

服装はとにかく寒さに負けないように厚着を心掛けましょう。特に、観光で長時間出歩く場合は頭から足の先まで寒さを感じないようにすべきです。ダウンやコートはもちろん、インナーもしっかりと着込んだ方が良いでしょう。帽子や手袋も必要です。

靴下は厚手の物の方が足先の冷たさを防止できるのでおすすめします。

寒さに負けたくないならスキーやスノーボードのウェアがベストでしょうね。あれを身に付けて動くと暑くなることがあるくらい防寒性に優れています。

1月に登別へ訪れる場合の注意点

雪道の運転は丁寧に慎重に

1月の登別は雪道の運転になるので圧雪とアイスバーン(路面の凍結)に注意が必要です。

柔らかい状態の雪は、歩いている時や車を運転している時でも踏み込めるのでそこまで怖い印象はないです。しかし、人がたくさん歩いた場所や車がたくさん走行した場所、つまり雪が踏み固められた場所はかなり滑ります。

この写真は登別のとある商業施設の駐車場です。雪が車のタイヤで踏み固められているため、太陽の光で反射している部分があります。

「それでも雪だから柔らかいのでしょう?」と思う人はいるでしょうが、歩くとかなり固いとわかりますよ。あと、この状態で転んだらすごい痛いです。

また、日中の気温がプラスになると路面の雪は融けますが、夜になると氷点下になるので凍結します。すると、ブラックアイスバーンになる可能性があります。

普通の道路に見えても実はブラックアイスバーンで凍結しているというケースは、事故の発生確率が高いです。本当に「嘘でしょ?」と思ってしまうくらい滑ることがあります。

そのため、車で運転する時はスピードの出し過ぎは絶対にダメです。夏や秋と同じ感覚で運転してしまうと、簡単に事故を起こすことになります。

自家用車やレンタカーを利用する予定の方は丁寧に、慎重に運転してください。

必ずスタッドレスタイヤを着用してください。

徒歩も慎重に

夏や秋と同じ感覚で氷や雪の上を歩くと転んでしまう可能性が高くなります。雪の上は柔らかい印象を持つでしょうが、踏み固められた雪は全然柔らかくないので、転ぶと痛いです。

暗い時間帯に歩いたり、坂道を通ったりすると転びやすくなるので注意が必要です。

スポンサーリンク

フォローする