北海道胆振東部地震を体験して困ったこと【まとめ】

2月の登別温泉は雪が多くてお祭りもあるので楽しめます!

イベント

2018年は2月に入ってから最強クラスの寒波が到来しています。

全国的に気温が低くなっており、雪も多くなっています。もう2月なので春が近づいてきたと思ったのもつかの間、1月の下旬から冬本番の様子です。

登別温泉もかなりの雪が降っていましたし、気温が低くなって寒いです。それでも、管理人はさぎり湯という銭湯に入るため、2月4日に登別温泉に訪れました。

スポンサーリンク

北海道の冬らしい登別温泉の景色

2018年の2月4日の登別温泉の写真を少しだけ撮影してきました。

 

・登別グランドホテル

写っている白い物は雪です。撮影した時はかなり雪が降っていました。

 

・グランドホテル近くの道路1

道路の一面雪だらけで歩道近くまで雪が積まれている状態です。

 

・グランドホテル近くの道路2

奥の山側も雪が降り積もって真っ白になっています。

 

・万世閣とゆもと登別

2つのホテルを撮影しましたが、雪で白くてよくわからない状態です。

 

・バスターミナル近く

バスターミナル近くの橋から見える川です。

 

・極楽通り

夕方の登別温泉極楽通りです。

 

・氷のランタン?

氷のランタン?です。もう少し暗くなればキレイに見えるのかな。

登別温泉の2月のお祭りって?

北海道の2月といえば有名なのは札幌の雪まつりです。

2018年の日程は・・・

  • 2月5日~2月12日(大通会場・すすきの会場)
  • 2月1日~2月12日(つどーむ会場)

となっています。

とても大きくて精巧な雪像を見られるので、北海道に訪れるならぜひご覧になってください。

 

一方で、登別温泉の2月といえば、「登別温泉湯まつり」です。

2018年の日程は・・・

  • 2月3日~2月4日
  • 会場はカルルス温泉、極楽通り、泉源公園など

となっています。

登別温泉の湯まつりは、温泉を観光資源にしている登別温泉に関わっている人々が感謝するお祭りです。

男達がふんどし姿になってお湯をかけあう「源泉湯かけ合戦」は盛り上がるのでおすすめです。

雪像を発見!

登別温泉の湯まつりの開催に合わせ、雪像が制作されていました。

まず下の写真をご覧ください。

上記2枚の写真は2018年の1月下旬に登別温泉を訪れた時に撮影しました。

この時は「何をするのかな?」とよくわかっていなかったです。

 

しかし、2月4日の湯まつり開催2日目に訪れてみると・・・

鬼の雪像が2体完成していました!

 

横には雪だるま達もありました。

 

そして、夜になると・・・

ライトアップされて迫力ある2体の鬼の雪像になっていました。

 

場所は以下の地図をご覧ください。

登別グランドホテルから道路を渡った所にあります。バスターミナルから歩いて1分くらいです。

※雪像は2018年の2月4日に確認しました。いつまで設置しているのかどうかは不明です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベント
赤おにたろう

エンジョイ登別.comの管理人「赤おにたろう」です。胆振地方在住で温泉好きです。

赤おにたろうをフォローする
赤おにたろうをフォローする
エンジョイ登別.com