登別の簡単なご紹介

登別を楽しむための観光や暮らしの情報を伝える前に、登別について私なりに簡単に紹介させていただきます。

かなりざっくりとしているため、物足りないと思われてしまう可能性はありますが、そこは今後少しずつ記事にしていきたいと考えているので、ご了承ください。

管理人は登別は観光が魅力と考えています。つまり、登別=登別温泉です。

そのため、このブログでは登別温泉の情報が多くなるかもしれません。

しかし、それでは範囲が狭まってしまうので、登別全体や室蘭、札幌などその他の北海道のエリア情報を記事にしていくつもりです。

スポンサーリンク

登別ってどこにあるの?

登別についての知識がない方は、日本のどこにあるのかすら知らないでしょう。

これは仕方ないです。

温泉で有名とはいっても人口がたくさんいる大都市というわけではありませんので。

登別は日本の北海道にある都市です。

ここで地図を見てみましょう。

この地図ので囲んだ部分に登別があります。でもこれでは正確な場所がわかりませんよね。

□で囲んだ部分を詳しく見ると場所がわかりやすくなります。

赤い●で囲んだところが登別で、青で囲んだ部分が札幌です。これで北海道での位置関係をご理解いただけたと思います。

札幌まではどれくらいかかる?

登別から札幌までは車やバス、電車などで移動します。

バスを使用すれば高速道路を使用した場合で1時間数十分から2時間程度です。

高速道路を使用しなければ3時間以上はかかってしまうでしょう。

電車の場合は特急で1時間数十分というところです。

※天候や道路の混雑状況で送れることがあります。また、欠航する場合もあるので利用する場合はご自身できちんと調べることをおすすめします。

どれくらいの人が住んでいるの?

登別は人口が約5万人の都市です。

かなり少ないというわけではありませんが、多いとは言えない数です。胆振地方で室蘭や苫小牧辺りは人口が多いです。

登別を歩いたり、車やバス、電車で移動したりしている中で人が少ないなーと思うことはよくありますが、人が多いなーと思うことはこれまで感じたことがないですね。

特に夜になると昼間よりさらに人が少なくなったように感じます。

やっぱり田舎ですね。

どんな交通手段があるの?

登別の交通機関はバスや電車、タクシーとなっています。

それ以外だと自家用車という形になるでしょう。

バスや電車は学生や会社員、高齢者にとって貴重な移動手段ですが、バスに関しては登別温泉を訪れる外国人旅行者が利用しています。

登別でずっと暮らすのであれば、バスや電車だけでは不自由さを感じるでしょうから、車の購入は検討した方が良いでしょう。

通勤や通学、買い物などに車があると便利なのは他の地域と同じです。

食品・日用品・家電を購入するところは?

登別で食品や日用品、雑貨などを購入するのであれば、セーコーマートやセブンイレブンなどのコンビニ、コープさっぽろやマックスバリューなどの大型スーパー、色々なテナントが入っているイオンがあります。

また、ホーマックサンワドーなどのホームセンターがあるので、日用品をたくさん買い込みたい方におすすめです。

ただ、大型の家電量販店はないので、買い物をしたいなら室蘭に出かけるとのが良いでしょう。苫小牧でも良いです。

個人が経営している電器屋さんはありますが、品揃えの面でやはり大型の家電量販店の方が便利ですよね。

見どころは?

登別の見どころといえば「登別温泉」でしょう。

全国的に有名な観光地ですし、外国からの観光客も非常に多いです。

中国人の観光客が多いのではないでしょうか。街を散策しているとそのような言語で会話しています。(詳しいことはわかりませんが)

豊富な泉質の温泉を楽しめますし、ホテルでは料理が付いています。また、地獄谷や大湯沼といった名所、クマ牧場という熊がたくさんいる施設もあります。

登別温泉は魅力がたくさんあるので、足を運んで写真をたくさん撮影し、サイトにアップしていきます。

 さいごに

登別について簡単に説明しました。

これだけの情報では登別について詳しくわかりませんし、魅力もわからないと思います。

今後、もっと深く掘り下げて観光や暮らしを楽しむための情報をたくさんお伝えしていきます。

スポンサーリンク

フォローする