北海道に台風並みの低気圧発生!大荒れの登別温泉を撮影してきました

本日から2018年の3月がスタートします。3月の北海道といえば気温が上がり始め、雪解けが進みます。そのため、3月に入ったということで「2017年~2018年の冬のシーズンも終わりか」と管理人は考えていました。

ところが、2018年3月1日の北海道は台風並みの低気圧の影響で大荒れとなっています。

テレビでは強風や波浪、風雪などの注意報が何回も発生しており、かなり危険な状況です。不要な外出は避けるべきですが、仕事をしているとそういうわけにはいかないですよね。

ニュースを見ていると車が横転したり、屋根が剥がれたりといった被害が出ているので、仕事が休みだった管理人は自宅でのんびり過ごすつもりでした。

しかし、登別温泉の方はどうなっているのか気になったので車で行ってきました。また、吹雪の中でしたが、写真を撮影してきました。

登別温泉へ向かう同中、一台のワゴン車が道路を外れて雪だまりに突っ込んでおり、ちょうど引き上げているところを目撃しました。

さすがに今日は危ないので引き返そうかと思いましたが、もう少しで登別温泉に到着する距離でしたし、どのような状態なのか気になったのでそのまま進みました。

無事登別温泉に到着しましたが、雪が本当に多くて・・。

観光客はまばらで活気は全くなく、街中はとても静かでした。

スポンサーリンク

極楽通りとその近辺

そんな中で撮影した写真は以下の通りです。

【2018年3月1日(木)午後に撮影】

まずは極楽通りとその近辺をご覧ください。

・ホテルまほろば

ホテルまほろばはこのような状態でした。ホテルの前にも雪がたくさんあります。

・遠くから見たホテルまほろば

・雪で覆われた木

クリスマスにこの状態の木があれば良いかもしれませんが、もう3月ですよ・・・。

・極楽通りではない道路

こちらは広い道路なので観光客の自家用車やバスがよく走っています。一面真っ白です。

・石水亭方面の道路

この道を奥に進むと野口観光の石水亭に行くことができます。

・極楽通りの中間地点

ここは交差点のようになっています。左側にあるのが玉の湯という旅館で、奥にはクマ牧場があります。写真を見てわかるように、道路の状態はかなり悪いです。

・極楽通りの閻魔大王

ここには閻魔大王の大きな人形が格納されています。このようにシャッターが下りているのは初めて見ました。

普段はシャッターは上がっており、見られるようになっています。

上の写真は昨年の夏に撮影しました。

・第一滝本館

地獄谷に近い場所にある第一滝本館も雪ばかりです。

・第一滝本館の近くにある木

この木も雪だらけで重そう。

・湯澤神社

こちらは登別温泉の湯澤神社です。木や鳥居、階段に雪が積もってすごい状態です。階段に雪がすごいのでここで諦めました。

ちなみに雪がない状態は・・・

こんな感じです。こうやって比較すると雪のすごさがわかりますね。

ここからは地獄谷の写真

次に地獄谷の写真をご紹介します。

・雪だらけの赤鬼

赤鬼が雪を被っています。

・雪で埋もれた青鬼

こちらの青鬼は座り姿なので、埋まってしまっています。寒そうだ。

・地獄谷の坂1

この坂は普段なら人が歩いているはずですが・・・。

・地獄谷の坂2

・地獄谷の坂3

ここも雪がとても多いです。

・地獄谷の坂4

ゴミ箱がこんなに白く埋まっています。

・地獄谷の坂5

それでも大型のバスが来ていました。ただ、周辺に人が少なかったので、バスの中で待っている人が多かったのかもしれません。

・地獄谷の絶景1

※比較写真

・地獄谷の絶景2

※比較写真

大荒れの地獄谷と暖かい時期の地獄谷の写真を載せてみました。大荒れの地獄谷は真っ白で何も見えませんね。

・地獄谷の絶景3

写真を撮影するのに夢中で拝むのを忘れました。

・地獄谷の絶景4

真冬みたいな写真が撮れました。

さいごに

2018年3月1日の北海道は非常に危険な天候でした。

そんな中、登別温泉にて写真を撮影しましたが、とにかく雪が多いという印象です。寒さはそれほど厳しくなかったです。

3月2日も継続して大荒れの天気になるみたいですね。旅行で北海道に訪れる方、暮らしている方は十分に注意しましょう。

登別温泉の街中だけではなく、道中の道路状況はかなり悪いです。そのため、運転に慣れていない人は雪が融けてから訪れることをおすすめします。
スポンサーリンク

フォローする