3月の登別の気温や雪の量は?おすすめの服装は?もう春ですか?

3月になると全国的に気温は上昇し、寒さが和らぎます。

しかし、3月の北海道はまだまだ寒い日は多いですし、雪も降ります。

本州や九州、四国を旅行する時のような感覚で北海道や登別に訪れてしまうと後悔する可能性があるので、十分に注意してください。

今回は3月の北海道や登別の寒さや雪、おすすめの服装などについてご紹介します。

スポンサーリンク

3月の北海道について

3月の北海道は1月や2月に比べると気温の高い日が多くなるので、寒さが苦手な人にとっては負担が少し減り始める時期と言えるでしょう。

しかし、3月でも朝晩はとても寒いですし、気温が氷点下の日も多いので侮ってはいけません。

訪れるなら十分な寒さ対策をすることをおすすめします。

ただ、3月は下旬に近づく毎に気温が上昇していきますし、雪が降らない日が増えていきます。

そのため、天気予報をチェックして天候や気温の情報を見て服装を考えるようにしましょう。厚着をすればしっかり寒さを防ぐことはできますが、逆に暑くて汗をかいてしまうことがあります。

風邪を引かないように体温調節には気を遣ってください。

3月の登別について

※撮影日 2018年3月1日 場所 登別温泉極楽通り

気温は?

3月の登別は2月までの体に負担がかかりそうな寒さは少なくなっています。日中は気温が高くなり、雪解けが進むような状況になることはあります。

しかし、日中は過ごしやすくても夜になると寒いため、ホテルや旅館に宿泊する人で夜に極楽通りや地獄谷に訪れるなど、出歩くことを検討している人は寒さを凌げる服装をしましょう。

雪の量は?

2月までに比べると3月の登別は雪解けが進むので量は少なくなるでしょう。ただ、3月といってもまだ冬なので、大雪になる可能性も十分にあります。

これに関しては以下の記事が参考になるでしょう。

北海道に台風並みの低気圧発生!大荒れの登別温泉を撮影してきました
本日から2018年の3月がスタートします。3月の北海道といえば気温が上がり始め、雪解けが進みます。そのため、3月に入ったということで...

おすすめの服装は?

「3月なので2月までに比べると厚着をしなくても良いでしょう」と考えるのは間違っています。

暖かい日は多くなりますが、気温の低い日があるのでそんな時に薄着をしていると寒さで苦労することになります。

ですから、3月の登別で暮らしたり、旅行目的で訪れたりするのであれば、2月までのように寒さをしっかりと防げる服装にしましょう。

さいごに

3月の北海道や登別はまだ冬という意識を持つようにしましょう。

せっかく北海道や登別に訪れるわけですから、体調を崩すことなく楽しむためには天候や気温の状況を把握し、適切な服装をすることが大事です。

スポンサーリンク

フォローする