100均のダイソーで税抜300円のモバイルバッテリーを買ってみた

100均のダイソーといえば色々な物が販売されており、利用者は非常に多いです。管理人も時々訪れています。

人口が少ない田舎でも店舗があるので、胆振地方に在住している者としてはとても助かっています。

そんなダイソーで最近気になって購入してみたのがモバイルバッテリーです。

スポンサーリンク

モバイルバッテリーが欲しくなった理由

モバイルバッテリーが欲しくなった理由は、2018年になってポケモンGOが楽しく感じられるようになったためです。

2月に開催されたコミュニティデイミニリュウをゲットし、強いポケモンのカイリューをゲットできたのがきっかけです。

ただ、ポケモンGOをプレイしているとバッテリーがかなりのハイペースで消費されていきます。かなり今更だけど、これは自分だけではないはず。

位置情報の取得にバッテリーを消費するのでしょうかね。

管理人のスマホは新しくないので、それもバッテリーが消費してしまう原因だとは思いますが、とりあえずこれからもっと遊ぶならモバイルバッテリーを1つ持っておきたいと考えていました。

ネット通販で色々調べてみたのですが、100均のダイソーにも売っているとのことだったので、まずはそちらを試してみることにしました。

ダイソーでモバイルバッテリーを購入する

ダイソーでモバイルバッテリーを購入しました。てっきり100円だと予想していたのですが、こちらに関しては税抜300円で販売されていました。

しかし、モバイルバッテリーがたったの税抜300円で手に入るのはお得な気がしました。

かなりコンパクトですし、カラーは白と黒で良い感じですね。

それでは取り出してみます。

モバイルバッテリー本体とUSBケーブルが入っています。

長さは写真の通り9.5㎝なのでスマホよりも短いので持ち運びはとても楽そうです。

こちらは本体の差込口です。写真の赤枠が外部充電用で、スマートフォンに充電する時に使用します。

写真の白枠はモバイルバッテリーを充電する時に使用します。

モバイルバッテリーに充電してみる

それではまずモバイルバッテリーに充電してみます。USBケーブルを利用してパソコンから充電しても良いですが、遅いのでAC電源を利用します。

これは管理人が自分で持っている物です。もしAC電源でモバイルバッテリーを充電するなら別途で購入してください。

それでは充電開始!

本体が赤くなり・・・

青くもなった!

充電中は赤と青が交互に点灯するようです。

約6時間で充電は終了するみたいですが、管理人は充電をスタートさせてから4時間くらいで赤と青の交互点灯が終わり、そこからずっと青くなっていました。

また、説明書によると充電が終わるとランプは消灯するようですが、管理人のモバイルバッテリーはずっと青が点灯したままでした。

これは不具合なのでしょうか。ちょっとわかりません。

スマホに充電してみて感じたこと

※この写真は管理人のスマホとモバイルバッテリーではありません。無料の素材です。

充電したダイソーのモバイルバッテリーを自分のスマホ(Android)に使用してみました。

使用開始時の電池残量は55%程度です。

それから1時間ほど充電してみたところ、55%から85%になっていました。

この時点では「100%までもう少し時間がかかりそうだな」と思っていました。

ところが、それから1時間ほど経過してチェックしてみると、電池残量は85%のまま・・・。

ケーブルを抜き差ししてみたところ、充電されていない状態でした。

どうやらモバイルバッテリーが空になってしまったようです。

管理人のやり方が悪いのか、それとも自分のスマホが悪いのかわかりませんが、30%程度しか充電できなかったのは残念です。

うーん。充電できただけでも良かったというところなのでしょうか。

USBケーブルが残念な事態に

上着のポケットの中でモバイルバッテリーとスマホを接続して充電していたところ、USBケーブルが少しマズイことになってしまいました。

ケーブルのカバーが少し割けてしまいました。

これは管理人の使い方が悪かっただからだと思いますが、ちょっと残念な事態になりました。

そんなに狭いポケットではなかったのにな。

うーん。本当に残念だ。

さいごに

100均のダイソーのモバイルバッテリーは、管理人が予想していたよりも充電することができなかったです。

しかし、税抜300円程度という価格を考えると期待外れですが、大きく驚くことはなかったです。

今度はもう少し価格が高くて評判の良いモバイルバッテリーを購入してみるつもりです。

スポンサーリンク

フォローする