8月の登別おすすめの服装は?気温は?朝や夜は寒い?

夏真っ盛りの8月を迎えています。

今年も全国的に暑い日が続いており、残暑厳しい夏になっていますね。

8月に北海道の登別へ旅行をしたり、生活をしたりする際、「どれくらいの気温なのだろう?」「どんな服装が適しているんだろう?」と疑問に感じている方はいるでしょう。

服装をミスしてしまうと不快に感じたり、体調不良が発生したりなど面倒な事態になってしまいます。

そこで、今回は8月の登別の気温や服装、朝や夜の状態について解説していきます。

スポンサーリンク

8月の北海道の気温は?

まず、登別の前に8月の北海道の気温について話したいと思います。

北海道はかなり広く、地域によって気温がかなり異なっています。旭川や帯広など、内陸側は夏を迎えると30℃を超えることは珍しくありません。

「北海道だから夏は涼しいわけじゃないの?」

残念!

北海道の夏は暑い場所になると30℃を超えてしまいます。

札幌も北海道の夏の中では暑い地域になるでしょう。

8月の登別の気温は?

8月は登別の中でも7月と同じくらい気温の高い日が続きます。

しかし、気温が高いとはいっても、30℃を超えることはそんなに多くありません。

低い日になると最高気温が25℃に達することなく、20℃台前半で最低気温が10℃台という日もあります。

そのため、本州や九州、四国などから北海道の登別に訪れた方にとっては、非常に涼しく感じられるでしょう。少し寒いと感じる可能性もあるでしょうね。

また、旭川や帯広、札幌などに住んでいる方にとっても、登別は涼しく感じられる気温となっています。

8月の登別の服装は?

8月の登別の服装は夏の薄着で問題ないでしょう。

ただ、最高気温が25℃に達しない日で雨が降っている日の場合、薄着では寒さを感じると思います。

そのため、寒がりな方は天気の悪い日は薄手の長袖やカーディガンを着用した方が良いです。

暑がりな方にとってはちょっと寒いと感じるくらいか、ちょうど良い気温に感じるはずです。

お盆を過ぎたくらいで涼しく感じられる日が増えるので、かなり晴れている日以外はちょっと薄着をする程度の服装を意識すれば良いのではないでしょうか。

8月の登別の朝や夜は寒い?

8月の登別の朝や夜はかなり涼しくなっています。人によっては寒いと感じるでしょうね。

最高気温が25℃に達しない日の朝や夜に外出するのであれば、肌を出さないような服装をおすすめします。

短時間の外出だったり、ちょっとコンビニに出かけるくらいでだったり程度であれば大丈夫です。

天気予報を見ると日中だけではなく、朝晩の気温の予想も見ることができるので、観光や用事で朝晩に出かける場合はチェックしておくと良いです。

まとめ

暑い地域が多くなる夏ですが、北海道については暑いエリアとそうではないエリアがあります。

登別はそこまで気温が高くならないエリアなので、8月としては割と過ごしやすいです。

ただ、気温が高くならない日や朝晩については、涼しさを超えて寒さを感じる場合があるため、外出するなら長袖や羽織る衣類を持っていた方が良いでしょう。