→最新情報(トップページ)はこちら!

6月の登別の気温は?おすすめの服装は?薄着でも大丈夫?

スポンサーリンク
季節・観光

6月になると本州や四国、九州は暖かいを通り越して暑い日が多くなりますよね。

残念ながら祝日がないので、連休を取得し辛いので旅行で遠出をする月には向いていないかもしれません。

ただ、日帰りや1泊2日という日程でも登別を満喫できます。

そこで、今回は6月の登別の気温やおすすめの服装について解説します。

スポンサーリンク

6月の登別について

気温は?

6月になると5月よりも気温の高い日が増え、かなり過ごしやすくなるでしょう。

ぽかぽか陽気を通り越して暑さを感じる日も多くなります。

旭川や帯広など内陸部は夏に気温が上がるエリアので、6月でも暑いと感じる日はあると思われます。

登別は北海道の内陸部よりも気温が高くなることは少ないので、6月の登別は1年の中でも快適な月と言えます。

おすすめの服装は?

6月は薄着でも過ごすことは可能です。

ただ、朝晩は気温下がって寒くなることがあるので、早朝や遅い時間帯に出発や帰宅する場合は上着を持ち歩くことをおすすめします。

7月が近づくごとに気温が高くなるので、日中は何枚も重ね着をすると逆に暑くなることがあるので注意が必要です。

雨や曇りの日は多い?

6月は一般的に梅雨の時期なので雨が降ったり、曇りの日が多くなったりしますよね。

しかし、北海道に梅雨は関係ないので6月だからといって雨や曇りの日が極端に多くなるわけではありません。

もちろん、晴れの日ばかりではないので、観光で訪れる場合は事前に天気予報を確認しましょう。

さいごに

6月の登別は過ごしやすい気候ですが、中旬や下旬に近づくほど気温の高い日が多くなります。

そのため、厚着よりは薄着の方が快適に動けるでしょう。

7月になるとさらに気温が上がり、夏を感じられるようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
季節・観光
赤おにたろう

エンジョイ登別.comの管理人「赤おにたろう」です。胆振地方在住で温泉好きです。

赤おにたろうをフォローする
赤おにたろうをフォローする
エンジョイ登別.com