2017年第54回登別地獄祭りの見どころは?遊びに行く際のポイントは?

登別温泉最大のイベントは地獄祭りです。

2017年第54回地獄祭りは8月26日(土)、27日(日)の2日間の開催となっています。

大勢の観光客が訪れるので、初めての方はちょっと驚くかもしれませんね。

管理人はすでに何回も地獄祭りを見たことがあります。

ただ、ここ数年は用事があって祭りを体験できていません・・・。

今年も無理なので来年は楽しみたいです。

今回は地獄祭りの見どころや訪れる際のポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

当日の天気は?

初日の8月26日はヤフーの週間天気予報で確認したところ、晴れ時々曇りになっていました。降水確率は10%なので、おそらく雨の心配はないでしょう。

最高気温は24℃のようなので、夕方や夜はかなり過ごしやすい状況になると予想しています。

また、偶然かもしれませんが、ヤフーの週間天気予報では8月26日と27日の天気や気温、降水確率は同じになっています。

天気は変わりやすいので、訪れる前日や当日にきちんとテレビやインターネットで確認し、体調を崩さない服装を心掛けてください。

見どころは?

エンマ大王のからくり山車

私が考える地獄祭りの見どころは、「エンマ大王のからくり山車」です。

登別温泉のメインストリートの極楽通りを進むと、途中でエンマ大王のからくり人形を見かけるでしょう。

この前登別温泉に訪れた際に撮影してきました。

普段はこの場所に鎮座しています。

しかし、地獄祭りの時はこの人形が表情を変えて極楽通りを通ります。

この人形が完成してから結構長いですし、毎年地獄祭りで頑張っているので是非見てみてください。

一度見たら満足するかもしれません・・・。

鬼踊り大群舞

地獄祭りで一番盛り上がるのは「鬼踊り大群舞」ではないでしょうか。

参加者は極楽通りを行ったり来たりすることになります。

見ているだけでも面白いですが、踊りなので参加した方が絶対に楽しいです。(管理人の体験から感じています)

確か誰でも参加できたような記憶が・・・。

参加できるけど事前に申し込みが必要かのかもしれません。

また、仮装で踊っている団体があるので、それも見どころの1つです。

遊びに訪れる際のポイントは?

駐車場が少ないのでバスの利用を推奨

登別温泉のホテルや旅館に宿泊する方は、駐車場の確保は問題無いでしょう。しかし、宿泊客ではなく、ただ遊びに訪れるだけという方については、できるだけバスの利用をおすすめします。

登別温泉は狭い街なので駐車場が少ないです。また、狭いので路上駐車は難しいでしょう。駐車場は早い者勝ちなので、車で訪れる場合は駐車する場所に困らないように、早めに出発してください。

昔小学校があった場所はグラウンドがあるので、ある程度の台数は駐車可能です。ただ、そこから極楽通りまでは少し歩くことになります。

帰りのバスは混む

登別温泉から登別駅や室蘭方面に行くバスはかなり混むでしょうね。

特に遅い時間帯になればより混雑が予想されます。

そのため、混雑が苦手な方はちょっと早めに切り上げた方が良いでしょう。

事前に帰りに利用する道南バスの時刻表を調べておくと乗り遅れたり、混雑する時間を避けたりなどが可能となります。

万が一、最終のバスに乗り遅れた場合はタクシーという手があります。バスターミナルの近く(極楽通りの入り口のような場所)に登別観光ハイヤーがあります。

ただ、地獄祭りでたくさんの観光客が利用する可能性があるので、余程疲れてバスに乗りたくない時やバスに乗り遅れた時以外だけ利用するのが良いと思います。

さいごに

今回は地獄街りの見どころやポイントについてご紹介しました。

登別温泉最大のお祭りなので、初めての方も参加訪れたことがある方も良い機会なので遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

最低限、事前にお祭りのプログラムを入手したり、バス時間や駐車場の位置を調べたりくらいはした方が良いと地獄祭りに参加したことがある管理人は考えています。