9月の登別おすすめの服装は?気温は?朝や夜は寒い?

8月までは登別でも夏を味わえる気温となっています。

しかし、9月に入ると徐々に秋らしい状況になっていきます。

本州や四国、九州は9月でもまだまだ夏!という日が続きますよね。

9月の終わりくらいからようやく過ごしやすい気温の日が増えるという印象です。

そこで、8月の登別で暮らす場合、旅行に訪れる場合におすすめの服装や気温について解説していきます。

スポンサーリンク

北海道の9月は過ごしやすいの?

登別の前に9月の北海道について少しご紹介します。

北海道の9月は上旬は夏のような天候になることはありますが、中旬から下旬にかけて秋らしい柔らかい日差しや気温になっていきます。

しかし、深夜や早朝は一桁の気温になることも・・・。

ただ、北海道は広いので道内各地で天候や気温は異なるため、暑い場所や涼しい場所、寒いと感じる場所など様々です。

そのため、訪れる方は事前に天気予報で天候や気温をチェックしましょう。道北や道東は夏でも気温が上がらないため、8月までの夏気分で旅行をするのはおすすめできません。

9月の登別の気温は?

登別は8月までは気温が30℃に迫るような日はあります。

しかし、9月に入ると30℃超えはまずないと考えて良いでしょう。北海道の内陸側では30℃を超えるような日は絶対にないとは言えません。

つまり、9月の登別は暑くもなく、寒くもないちょうど良い気温となっているので、快適に過ごせます。

ただ、下旬になると肌寒いと感じる日は多くなるでしょうね。

この頃は季節の変わり目をはっきりと感じられる状況になっていると思います。紅葉で大変美しい風景を見ることができます。

9月の登別でおすすめの服装は?

9月の上旬や中旬まではTシャツで過ごせる日は多いでしょう。しかし、下旬になるとTシャツでは寒いと感じる日が増えるでしょう。

そのため、長袖や羽織る物があった方が良いと思います。

9月の下旬まで夏気分が抜けないままの状態になってしまうと、風邪を引いてしまう可能性が高くなります。

季節の変わり目だからこそ体調管理はとても重要です。

そうしなければ、せっかくの行楽シーズンを寝て過ごすようなこともあり得ます。

これはとても悲しいことなので、服装には十分に注意してください。

9月の登別の朝や夜は寒い?

9月の登別の朝や夜は日中よりも気温が低くなっているので、外出する場合は薄着を避けることをおすすめします。

上旬や中旬までは夏のような服装でも何とか過ごせるでしょうが、下旬の朝や夜は結構気温が下がるので薄着では寒さを感じるでしょう。

また、寒さを感じるのは外で過ごす時ばかりではありません。

室内でも朝や晩は寒さを感じるでしょうから、夏までのようなタオルケット1枚では風邪を引く減員になります。

まとめ

9月の登別は上旬から中旬にかけては快適ですが、下旬になると寒さを感じる日が多くなります。

寒いのは外出する場合だけではなく、自宅で過ごす場合の注意が必要です。寝る時にタオルケット1枚では寒いので、風邪を引かない服装や寝具を使用してください。