北海道を旅行するなら絶対に注意したい動物3選

春は桜、夏はカラッとした季節、秋は紅葉、冬は雪など北海道は春夏秋冬で異なる楽しみ方が可能な場所です。

ホテルや旅館はたくさんありますし、新鮮な素材を使用した料理も魅力的です。

しかし、北海道には危険な動物が生息しています。

そこで、今回は北海道を旅行する際に注意したい動物3選をご紹介します。

あくまでも管理人の個人的な考えです。
スポンサーリンク

管理人厳選!北海道を旅行するなら注意したい動物たち

クマ

北海道にはヒグマが生息しています。

大きなサイズだと体長は3m近く、体重は500㎏や600㎏くらいになるようです。

こんな動物と旅行中に遭遇したら腰を抜かしてしまいますよね・・・。

かといってダッシュで逃げるのも良くないみたいですし。

山の中に居るので登山でもしない限り遭遇することはないでしょう、なんてことはありません。

札幌にも出没しているニュースを見かけることがあります。

しかし、私は北海道で生活している中では見かけたことはありません。

登別温泉のクマ牧場では何回も目撃していますが。

クマ牧場で間近で見るとわかりますが、本当に大きいですよ。

そのため、北海道旅行で登山や山の中に入るなら熊には要注意です。

シカ

北海道にはエゾシカが生息しています。

シカに人間が襲われたという話を私はこれまで聞いたことがありません。人間をかなり恐れているようですね。

私はエゾシカを何度も目撃しているので、胆振地方にも生息していますよ。

間近で見ると結構大きくてツノが長いので迫力があります。

エゾシカに注意したいのは車を運転している時に飛び出してくることがある点です。

急に飛び出してくることがあるので、衝突したという例は少なくないです。

大きなシカと衝突してしまうと、車はかなりのダメージを受けてしまいます。

避けるためには安全運転しかないでしょうね・・・。

北海道へ旅行に訪れた際、レンタカーを利用する予定の方はシカに注意すべきです。特に夜は視界が狭まるので気をつけてください。

キツネ

キツネは見た目が愛くるしいですよね。見かけたら近寄りたくなってしまいます。

しかし、北海道のキタキツネの体内にはエキノコックスという寄生虫が生息しています。この寄生虫は非常に危険で、人間の肝機能に大きな悪影響を及ぼします。

そのため、発見したとしても近寄ってはいけませんし、絶対に触らないようにしましょう。もちろん、お菓子やパンを与えることもNGです。

札幌のとある公園にキタキツネが出没し、人間を威嚇するというニュースが放送されていました。あれを見ると全然可愛いと思えないです。

私は小さい頃の冬、キタキツネに遭遇した時に持っていたスナック菓子かガムをあげたことがあります。

すると、キタキツネはずっと私の後を追ってきたことがあり、泣きながら走って帰宅しました。そのため、大人になった今も悪いイメージしかないです。

さいごに

北海道を旅行するならヒグマエゾシカキタキツネには本当に注意してください。

山に入らず車を運転せず、人が多い場所を観光するならこれらの動物を見かけたり、被害を受けたりすることはないでしょうが、北海道を訪れるからには色々なところを観光したいものです。

特に、北海道の秋は紅葉が素晴らしいので、高い位置から景色を見るために山に登ることはあるでしょう。

しかし、動物に楽しい旅行を邪魔されるような事態は避けるべきなので、危険な行動や止めてマナーを守って観光しましょう。