登別で暮らすなら知っておきたい3つの交通手段

登別で暮らす場合、知っておきたいことの1つに交通手段があります。

通学や通勤、買い物、友達と待ち合わせなどをするため、交通手段については暮らす前に知っておきたい情報の1つです。

登別は人口が約5万人の街なので、決して大きいわけではありません。(室蘭は約10万人、苫小牧は約17万人、政令指定都市の札幌は約200万人)

しかし、人口が少ないからといって徒歩で移動できるくらい狭いわけではないので、交通手段についてはきちんと理解しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

登別で生活する際の交通手段

バス

登別といえば道南バスが地域住民の足となっています。

道南バスを利用すれば札幌方面や室蘭方面へ行くのは簡単です。

また、登別と室蘭間は通学や通勤で利用している方は多いです。また、お年寄りの方々が買い物や病院へ訪れる場合にもよく利用されています。

最近は乗り口の高さが低い車両が増えており、お年寄りには利用しやすくなっています。

私は学生時代はよく利用していました。今は時々利用するくらいですが、仮に無くなってしまったら身近な交通手段が1つ減ることになるので、これからも長く営業してほしいです。

電車

登別で電車といえばJR北海道でしょう。

白老や苫小牧、札幌方面や室蘭方面など、こちらも道南バスと同様に貴重な交通手段となっています。

登別での停車駅は登別駅、富浦駅、幌別駅となっています。

ちなみに幌別駅から先の駅は室蘭となります。鷲別駅、そして東室蘭駅に到着します。

バスに比べると本数は少ないですが、冬場はバスよりも遅れることが少ないので助かります。

JR北海道は赤字路線を抱えており、経営は厳しい状況ですが、こちらも無くなってしまうと非常に厳しくなるので、今後も存続してほしいです。

残念ながら、札幌のように地下鉄や市電はありません。

タクシー

タクシーは電車やバスよりも支払う料金は高いですが、こちらも住民にとっては無くてはならないサービスです。

特に、お年寄りの方は買い物や通院で利用している方がいます。

また、外国人を含めた観光客の方々が登別駅と登別温泉の間をタクシーで移動する際によく利用されていますね。

時刻表は変わるので注意!

電車やバスの時刻表は内容が変わるので注意が必要です。

ずっと変わらないという意識で利用していると、これまで乗車していたバスや電車に乗り遅れてしまい、学校や会社に遅刻してしまう可能性があります。

バス時刻表や電車の時刻表は色々な場所で入手できます。

たとえば、道南バスの時刻表は登別温泉のバスターミナルや東室蘭の東町ターミナルで入手可能です。

また、電車の場合は登別駅や幌別駅で時刻表を入手できると思います。(富浦駅は無人駅で人がいません)

道南バスとJR北海道の時刻表はネットでも確認できるので、時刻表を入手するのが面倒な時はネットで調べましょう。

さいごに

登別で暮らすなら交通手段については事前に理解しておきましょう。

車があるならバスや電車、タクシーを利用しなくても便利に生活できるのは確かです。しかし、これらの交通手段は車がない方や持っていても運手できない場合など、生活していると必ず頼りにしたい時が訪れます。

そのため、一度体験しておけばいざという時に困ることは少なくなります