11月の登別の気温は?おすすめの服装は?

11月は紅葉が見ごろの場所があるので季節に分類するなら秋でしょうね。

北海道以外のエリアは日中は快適に過ごせる気温が多いので、スポーツの秋にピッタリです。また、一年が終わりに近づいているので、そろそろ年末年始の準備を始めても良い頃です。

旅行をするなら北海道登別をおすすめします。

今回は11月の登別の気温やおすすめの服装について、胆振地方に住んでいる管理人が旅行したい方、暮らしたい方に解説します。

スポンサーリンク

11月の北海道について

11月の北海道は秋と冬が交錯する季節となっています。

暖かいと感じる日もあれば、冬のような寒さを感じる日も多くなるでしょう。

上旬は暖かい日が多いでしょうが、中旬から下旬は冬のような寒さを感じる可能性があります。

道外から旅行で訪れる方はまだ冬という感覚はないでしょうが、北海道の11月は寒いので厚着をしないと寒さで大変です。

風邪を引きやすい季節なので、くれぐれも注意してください。

紅葉を楽しめるのも11月の上旬までと管理人は考えています。早ければ10月の中旬に雪が降りますが、本格的なのは11月に入ってからです。そのため、上手くいけば紅葉と雪という風情のある景色を見られるかもしれません。

11月の登別の気温は?おすすめの服装は?

11月の登別は秋と冬が交錯している季節となるので暖かい日もありますが、10月までに比べると明らかに寒い日が多くなります。

中旬くらいからは冬と感じるような気温になる可能性は十分にあります。

また、11月になると雪が降る日や路面が凍結している日が多くなるので、最低気温がマイナスの日も増えます。

そのため、11月に登別へ旅行を予定している場合、寒さに耐えられる服装で訪れてください。ダウンジャケットやコートは良いでしょうね。インナーにセーターやパーカーを身に付ければ寒さに耐えられるでしょう。

ただ、真冬でするような完全な防寒具では暑いと思います。その辺は身に付ける衣類の枚数で調節してはいかがでしょうか。

厚着をし過ぎると汗をかくので脱げば寒いというように風邪を引きやすいため、十分に注意してください。

11月に登別へ車で訪れる場合の注意点

11月に車で登別に訪れる場合、路面の凍結には十分に注意してください。北海道の他の地域では10月に雪が降ったり、路面が凍結したりしています。

そのため、夏タイヤのまま登別に車で訪れる場合、路面が凍結していた場合はスリップのリスクが高くなります。

雪の上を運転する場合は注意深くなるでしょうが、上の画像を見るとわかるように路面の凍結はよく見なければ判別できないので、わからずに夏と同じようなスピードを出していると、曲がる時やブレーキを踏んだ際、操作不能になるくらいスリップします。

道民の方は路面の凍結や雪道運転に慣れているでしょうが、道外から訪れる方は慣れていないでしょう。

11月の北海道や登別で自家用車で利用する場合は、スタッドレスタイヤの装着を強く推奨します。

さいごに

11月に北海道や登別に訪れる場合は、寒さを防げる服装をおすすめします。

ただ、厚着をし過ぎると汗をかくので、風邪を引きやすくなるので注意が必要です。

また、11月になると雪が降るほか、路面が凍結しやすくなるのでスリップしないように安全運転とスタッドレスタイヤを装着した方が良いです。