ドラフトで注目の早実「清宮幸太郎」選手、交渉権はファイターズが獲得!

2017年10月26日(木)、今日はプロ野球ファンにとっては重要な日です。

球団の未来を担う人材を獲得する「プロ野球ドラフト会議」が行われています。

管理人は北海道に住んでおり、北海道日本ハムファイターズを応援しているので、ドラフト1位に誰を指名するのか大変注目しておりました。

スポンサーリンク

話題の中心は早実の「清宮幸太郎」選手

今年のドラフトの目玉といえば、早稲田実業の「清宮幸太郎」です。

高校通算111本塁打は歴代1位と輝かしい記録を保持しています。高校での成績でいえば、日本ハムファイターズの主力、中田翔選手や大谷翔平選手よりも上です。

そんな清宮選手をどこの球団に興味があるのか?どこの球団が指名するのか?は今回のドラフトの大きな話題となっていました。

清宮幸太郎選手といえば強烈なのは高校通算本塁打の記録だけではありません。父親の清宮克之氏はラグビーのトップリーグにてヤマハの監督として有名です。

ドラフト前に各球団が清宮親子と対面し、色々な話をしていたのはテレビや新聞で報じられていました。その際、幸太郎選手よりも克之氏の方が積極的に話をしていたようですね。個人的に克之氏には曲者という印象があります。

 今回のドラフトでは7球団が清宮幸太郎選手を1位指名!

2017年のドラフト会議では何と7球団が清宮幸太郎選手を1位指名しました。

セリーグでは巨人や阪神、パリーグではソフトバンクやファイターズなどです。ファイターズは「その年で一番良い選手を獲得する」という方針みたいなので、清宮幸太郎選手を指名するとは思っていました。

しかし、積極的にアプローチをしているニュースを管理人は発見できなかったので、「清宮選手以外を1位に氏名するのかもしれない!」とファイターズファンとしては思っていました。

ただ、清宮幸太郎選手は内野手です。一塁を守っているようなので、現状では中田翔選手と被ることになります。

中田選手は今年こそ不調の成績で終わりましたが、これまで打率3割や100打点をクリアしたシーズンがありますし、日本代表としても活躍しています。

そのため、中田選手の存在もファイターズが清宮幸太郎選手を1位指名しないのでは?と考えた理由の1つです。

ファイターズが清宮幸太郎選手との交渉権獲得!

今回のドラフトの目玉、早実の清宮幸太郎選手との交渉権は見事にファイターズが引き当てました。

今年は栗山監督ではなく、木田GM補佐がくじを引いていました。栗山監督はドラフトのくじ運は良くないですよね・・・。

大谷翔平選手を一本釣りして入団に導いてくれたことは素晴らしい実績ですが、ドラフトのくじ引きはイマイチでした。

木田GM補佐は大きな仕事をしましたね!

早実のOBでファイターズの選手といえば、ハンカチ王子で名を轟かせた斎藤佑樹投手です。斎藤投手は高校時代がとても眩しい選手でしたね。

プロでは厳しい状況が続いていますが、まだ頑張ってほしいです。また、2軍の新監督に就任が決まった荒木大輔氏も早実出身のようです。

清宮幸太郎選手にとってファイターズは意中の球団の1つなのでしょうか。それならすんなりと入団してくれそうですが。

いずれにしても、大型新人なのでたくさん試合に出場するのは予想できます。大谷選手も1年目からたくさん出場していたので。

今後の動向に注目!

日本ハムファイターズはまだ交渉権を獲得した段階なので、清宮幸太郎選手の入団は決まっていません。

来年、大谷選手がメジャーリーグ挑戦でいない可能性があるので、清宮幸太郎選手には目玉選手になってほしいので、入団してほしいところです。

ただ、入団するとなれば中田翔選手がどうなるのか気になります。FAの可能性が高まった印象です。

また、東大の左腕、宮台投手をドラフト7位で指名したようなので、こちらも動向に注目していきます。入団が決まれば、なんと13年ぶり6人目の東大出身選手誕生となるようです。