12月の登別の気温は?おすすめの服装は?

12月の北海道は本格的な冬がスタートする時期です。

これからの季節は気温は低くなり、雪は多くなりますが、冬の北海道は春や夏、秋とは違った景気を見られるのでおすめです。

今回は12月の北海道や登別の気温やおすすめの服装について、胆振地方に住んでいる管理人が旅行したい方、暮らしたい方に解説します。

スポンサーリンク

12月の北海道について

12月の北海道は冬本番なのでかなり寒くなっています。11月のように暖かいので「ちょっと外出する程度なら薄着でも大丈夫!」という甘い考えはやめましょう。

11月の下旬から気温は低下し、降雪のエリアが少しずつ広がっている状況です。

そのため、12月に北海道の北海道旅行を検討している場合は、厚着必須となっています。

薄着だと本当に寒いですし、外と室内の温度差が激しくなるので、体調管理には十分に注意しましょう。

特に、北海道を旅行している最中に風邪を引くようなことがあれば厄介なので、厚着だけではなく、睡眠時間の確保やしっかりと食べることなども意識してください。

12月の北海道はすでに冬なので紅葉は終了しています。

12月の登別の気温は?おすすめの服装は?

12月の登別の気温は最高気温が10℃未満の日がほとんどです。最低気温はマイナスになることが多いため、11月に比べると寒さが強くなっています。

北海道の内陸部(旭川や帯広など)に比べると最低気温は緩いですが、道外の方々にとってはかなり寒いと感じるでしょう。

また、既に路面の凍結によって車の事故が発生しており、ニュースで目撃する回数が多くなっています。

路面の凍結は車だけではなく、歩く時も注意が必要です。

12月の登別でおすすめの服装は、ダウンジャケットやコートなど寒さに強い衣類を身に付けることです。

また、インナーは寒さを防ぐうえでとても重要なので忘れずに着ましょう。

上半身だけ厚着でも下半身が寒ければ意味がありません。何でも良いので下半身用の防寒インナーを身に付けていた方が寒さを防げます。

12月に登別へ訪れる場合の注意点

運転は慎重に

12月の登別は路面が凍結します。凍結しているかどうか見分けにくい「ブラックアイスバーン」も発生することがあるでしょう。

そのため、車で運転する時はスピードの出し過ぎは絶対にダメです。夏や秋と同じ感覚で運転してしまうと、簡単に事故を起こすことになります。

自家用車やレンタカーを利用する予定の方は慎重に運転してください。

必ずスタッドレスタイヤを着用してください。

徒歩も慎重に

夏や秋と同じ感覚で氷や雪の上を歩くと転んでしまう可能性が高くなります。雪の上は柔らかい印象を持つでしょうが、踏み固められた雪は全然柔らかくないので、転ぶと痛いです。

暗い時間帯に歩いたり、坂道を通ったりすると転びやすくなるので注意が必要です。

さいごに

12月の登別は気温がマイナスになる時間帯が多くなるため、訪れる場合はしっかりと厚着をしましょう。

また、厚着をするだけではなく、睡眠時間の確保やきちんと食事を取ることなども風邪を防止するうえで意識すべきです。

氷や雪の上は滑りやすいため、車で運転する時や歩く時は注意が必要です。

スポンサーリンク

フォローする